エターナルラビリンスの全身脱毛で気になるムダ毛とサヨナラしよう!

エステの脱毛方法はどのサロンも大差なし??

エステの脱毛方式はどのサロンも大きな違いはないのでしょうか。エターナルラビリンスも他のサロンと同様に、フラッシュ方式を採用しています。

確かに「エステの脱毛=フラッシュ」のイメージ通り、大枠で分類する脱毛方式はどのサロンも共通です。

ただし、フラッシュ光線を放つ脱毛機は2種類に大別されます。おおまかな仕組みは同じものの、具体的なメリット、デメリットは違うのできちんと区別しておきましょう。
エターナルラビリンスでは、I(インテンス)P(パルス)L(ライト)方式の脱毛機が使われていますが、これはクリニックで行われているレーザー脱毛に続いて強力なマシンです。

元々医療現場で使われていたものをサロン用に威力を下げているので、毛母細胞にしっかり働きかけることができます。そのため、もう1つの脱毛方式・・・S(スムース)S(スキン)C(コントロール)方式よりは痛みを感じやすいものの、脱毛し

ながら美肌作用ももたらす画期的なアプローチが可能です。スムース・スキン・コントロール方式はソフトな施術を優先しているので、痛みが少ない分毛に働きかける力が強くありません。

エターナルラビリンスの他、銀座カラーやTBCなどサロンの中でも本格派と定評のある会社がインテンス・パルス光線を使った脱毛方式を導入しています。
インテンス・パルス・ライト方式は、肌をいたわりながら肝心の脱毛効果も一定レベル以上に発揮し、仕上がりの美しさも求めることができるアプローチ方法です。

気になるサロンがどんな脱毛機を設置しているのか、契約前に必ずチェックしましょう。

エタラビの脱毛は痛い??

エターナルラビリンスの施術は痛いのかどうか、気になっている方もいらっしゃるかも知れません。なぜなら、エターナルラビリンスが採用している脱毛方式は、当初医療現場で使われていたぐらい本格的に作用することで有名です。

エステで使用するために出力は下げられていますが、一般的なフラッシュ脱毛よりも威力が強く、エターナルラビリンスのように本格派のサロンに導入される傾向があります。

毛が成長しないよう専用ジェルを通して光を当てる仕組みの脱毛方式とは異なり、毛が生える組織を壊していくアプローチなので、クリニックで行われているレーザーに近いやり方です。ジェルを使う痛みがほぼゼロの脱毛方法と比べると、エタラビの施術は無痛とは言えません。ただし「余裕で耐えられる」と言う意見がクチコミサイトでも目立ちます。

なぜなら、エタナビでは会員さんが感じる痛みを最小限に抑えるために、ある工夫をしているからです。その工夫とは、乾燥対策に他なりません。同じ脱毛機を使っても、肌が乾いているかどうかで与えられる負担に差が出ます。

エタラビではコラーゲンジェルでケアすることで、肌が痛みを感じないようコンディションを整えてくれます。

そのため、同じ脱毛機を導入している他のサロンよりも痛みを感じにくく、肌荒れもしにくくなっているのでご安心下さい。
特に痛点を刺激されやすいパーツを施術する方は、普段から保湿メインのケアに励むと痛みに備えることができます。

妊娠中もエターナルラビリンスに通うことができる??

エターナルラビリンスに通っている間、赤ちゃんを授かっていることが分かったら解約しなければならないのでしょうか。

エターナルラビリンスの売りである格安の全身脱毛コースは、完了までにある程度長期スパンで通わなくてはなりません。長い道中、妊娠する可能性も十分に考えられますよね。

結論から申し上げますと、妊娠中は施術を受けることはできませんが、解約することはありません。解約ではなく、すぐに一時的な休止手続きを済ませて下さい。この間、どのコースでも、月々のお金がかかることはありません。

エターナルラビリンスの施術は毛が生える組織を対象に本格的に作用するにも関わらず、丁寧な保湿ケアで痛みを感じないよう配慮されています。そのため「見た目で妊娠していると分かるぐらいお腹が大きくなるまで、こっそり施術を受けたい」と考える会員さんもいらっしゃるかも知れません。

実は施術そのものが赤ちゃんに危害を加えることはありません。皮膚や内臓に害を与えるような波長は混ざっていませんから、万が一初期の気づかないうちに照射しても問題はありません。

けれど妊娠中はホルモンの分泌量が激しく変わるため、せっかく光を当ててもいつも通り脱毛効果を得にくくなります。むしろ毛が増え、硬くなる逆の反応が出る恐れもあります。

さらに痛みも感じやすくなりますし、肌を露出して施術すること、お腹に負担がかかる体勢になる可能性があること・・・など諸々の影響を考えて、サロン側では施術を引き受けていません。

毛が濃いとお金がかかる??

エターナルラビリンスに関心がありつつ、毛の量が多いので「倍のお金を取られるのでは?? 」と二の足を踏んでいる女性もいらっしゃるかも知れません。

確かに1本1本が太く丈夫な毛質の方、明らかに毛量が平均よりも多い方は、費用の問題が気になるはずです。

けれどご安心下さい。エターナルラビリンスで使われている脱毛方法は、毛の質や量で費用が変わることはありません。多くても高くならない代わりに、毛が少なくても安くなることはありません。月々4,980円で10パーツチョイスできるコース、もしくは26パーツを網羅して貰える9,500円のコースのどちらを申し込んでも、毛の状態によって追加料金が加算されることはありません。

ちなみに、フラッシュ光線を用いるエタラビの脱毛方式では細い毛よりも太い毛の方が反応しやすいので、剛毛だからと言って効果が出にくいと悩むことはありません。顔の産毛よりも腋毛の方が効き目が現れやすい、と言えばイメージしやすいでしょう。

毛の量、質によってトータル費用に差が出るのは、ニードル脱毛です。1本ずつ手作業で行いますから、毛の本数が多いほどお金がかかります。

クリニックによって本数で計算するところと、時間で金額が決まるところがありますが、いずれにしても処理する毛が多ければその分だけ大金がかかります。

現在利用することができる脱毛方式の中で一番高額を費やすことになります。必ずしも永久脱毛にこだわっていなければ、1万円以下で毎月通えるエタラビの方がお財布にも安心です。




未成年もエターナルラビリンスで脱毛できる??

エターナルラビリンスは未成年でも施術することができるのでしょうか??「脱毛のためのエステティックサロン=大人限定」のイメージが強いかも知れませんが、エターナルラビリンスは未成年と言う理由で契約を断られることはありません。ただし1つだけ条件があります。それは保護者の承諾を得ること。

10代のうちにエターナルラビリンスに通いたいと希望しているなら、親御さんに同意書を渡し、サインを貰って下さい。カウンセリングの時に同意書を貰えます。
カウンセリングに親御さんも一緒に来て貰えば、その場でサインして貰って契約を交わすことができるので二度手間にならずに済みます。サインと捺印が必要なので、判子も持参して下さい。

ちなみに、この手続きはエターナルラビリンスに限らず、どのサロンにも共通しているルールです。最近は学生限定の割引特典を用意しているサロンも増えているほど、未成年の脱毛需要は高まっています。

10代で自己処理をやり過ぎてしまい、20代になった時にはもう肌がボロボロ・・・なんてケースも目立ちます。自宅で家庭用脱毛器を使おうと予定している方もいらっしゃるかも知れませんが、本格的なものだと1台10万円近くするので未成年には痛い出費になります。

扱い方も案外難しい上、背中など手が届かない部位の毛が気になっている時は、やはりエステの全身コースを選んだ方が満足の高いお手入れが可能です。エタラビは月々5,000円以下のコースもあるので、未成年にも利用しやすいと評判です。